アレヤコレヤの散文 あたまのなかの引き出し ソレトこれがつながる

祝・再演『キャガプシー』2018年 (序)

再演となる2018年  風薫る5月

またまた、東京は葛西臨海公園の汐風の広場に特別に建てられたテント

その名も キャガプシーシアター

 

去年の初演時には初日と平日マチネ公演に参加。(過去記事に数頁ありますのでよろしかったら読んでみてくださいませ)

今回は超先行予約でチケットも用意し、友人も誘い、上演作品は『キャガプシー』と知り、配役も知り、仕事にも決着つけ心地よい季節を待ち望み…していたのですが、日を追う事に気持ちが重くなり‥

 ぁあれ?気付いていなかったけど、結構私あの物語に傷ついてたの〜えー!

ってなりました。

ブログに思いを書き切ったし(最長)、再演して欲しい!グレードアップしたの観たい!と思っていたのに…

 

今回は“ワクワク”と言う言葉が使えなかったです。なんでだろうに。近々の世界や自分の状況状態も関係があるのでしょう。人間だもの。

 

主宰の末原拓馬さんがTwitterでフライヤーデザインの意見を皆から募って、素敵なキャガプシーのフライヤーが出来て、それを手にしたのその表紙にドドん!と書かれているコピーライトの文言!

【集いたまえ 穢れを知らぬ 人間のあなた】

ええっ、そう来たの?そう来るか!そっち目線からなのねと、心がざわつきましたよ。キャガプシーシアターの支配人からのお誘いなんて。ドキドキだよ。

 

そしてきたる、5月16日 『キャガプシー』2018年 再演の初日幕開け!

事前に劇団員のTwitter情報でめぐみさんの歌がある♪とか、新たな試みや演出やチャレンジが幾つも有る等を目にしていました。

今回もテント装飾の建材を募集し、更に物語上も意味がある重要な役割を担う「壊れたキャガプシー」を参加者から募集していました。

そういう情報と共に拝見するおぼんろメンバーの表情の良いことといったら…。

練習や準備やスタッフが充実しているんだろうな〜っていう、皆さんいいお顔なんです。

そして、今回も前回に続き参加者から自主発生のTwitterカウントダウン!これ見ると元気もらえます。

 

そンなこンなで、持参する諸々の用意も済み、参加日が近ずき、当日の予定と待ち合わせを決めてやーっと“ワクワク”して来ました。

今回は日曜日の18時開演回に参加したのですが、去年11月の殆ど人が居ない寒々しい夕方の公園とはうって変わって、葛西臨海公園駅に降り立った時から人だらけ。しかも、皆さん笑顔笑顔笑顔!愉しそうに嬉しそうにファミリー親子恋人同士、友人、グループが所狭しと、メインの大通、水族園、原っぱ、西なぎさ、そして汐風の広場!ここも、遊びまわる走り回る投げあう子供に大人、小さなテントが幾つも設営されていました。

そして、去年と同じあの場所に、あの大テント。

キャガプシー横断幕が掲げられたらテントが異質な感じもしつつ、カラフルポップでもあるので共存もしつつそこに建っていました。

 

まだ、夕暮れにははやく午後の 穏やかな時間 開場&開演を待ちわびる参加者のワクワクニコニコした表情。この世界は笑顔で溢れていて幸せそうな家族や恋人や友達ばかりに思えるのだけど、

だけれども、そんな事は無くて‥
そして、これから始まるおぼんろのキャガプシーを楽しみに待ち上気してちょっと興奮している私がいて。

 

そんな私が受けとった物語。すき嫌い、合うあわない等あると思いますが、長々と書く事になりそうなメモの多さなので、ゆっくりアップしていきそうです。お時間ございましたら、読んでみて下さい。宜しくお願い致します。

 

 新演出、ネズミ、ツミ、ウナサレ、トラワレ。について。テントとまとめ、感想。

 

 

 ーーー5/22記入後、再編集 5/31ーーーー