アレヤコレヤの散文 あたまのなかの引き出し ソレトこれがつながる

シナリオが大好きアプリゲーム『紡ロジック』前置き1

2018年12月5日正午過ぎ

アプリケーションゲーム『紡ロジック』がAndroid版 と iOS版 でリリース/配信されました!

ESC-APE by SEECの【脱出アドベンチャーノベル】をオンタイムでプレイ出来るのは初めてです。

 

前作の脱出アドベンチャーノベル第4弾!『誰ソ彼ホテル』が大好きで、どの部分が1番好きかと言うとシナリオ(ゲームの脚本)部分。

物語世界の設定に話の内容。ゲーム(章や分岐、エンド)の構成。そして、何よりもキャラクターが発する“台詞”の数々。

“会話”も面白いし、主人公の“独白”部分も最高です。

シナリオを元に創り出された各キャラクターも大好きです。

 

 

今までの人生がゲームとほぼ関わらずに育った人が(ファミコン、プレステ、PCゲーム、携帯ゲーム機等、皆無)、スマホ入手でアプリゲーム、中でも終わりのある簡単なゲームが好きで(パズル・脳トレ、起承転結のある放置ゲーム、終わったらアンインストール派)が簡単な“脱出ゲーム”にハマり

→単純なパズルやアイテムを使い仕掛けを解いて部屋から出るゲーム(30分〜1時間位)

→短いけどストーリー展開のある脱出ゲーム(ほぼファンタジー設定・対象年齢低め)

→脱出ノベルゲームにちょっとづつ手を出す(安定の物語『ジキルとハイド』、デザインとクオリティの高さで群を抜くcubeシリーズ)でたどり着いたのが、

脱出アドベンチャーノベルの『誰ソ彼ホテル』でした。(2018年10月)

 

脱出・謎解きゲームは面白そうなのだけども表現に暴力、ホラーや怪談系・おどろおどろしい系のゲームがややあり(レーティング設定有りますが)、そっち系が得意では無いので、レトロで可愛らしいフォントとアイコン絵柄の『誰ソ彼ホテル』詳細説明を読んでこのゲームをしてみようと思い、レビューを読むとESC-APE by SEECの脱出アドベンチャーノベルシリーズは過去に3作品あるとの事。

折角ですから、最新(この時点で)のゲームを最大に楽しんでプレイする為に第1弾から攻略!と思ったら、初っ端から怖そう…です。

第3弾はなんか食指が動かず『誰ソ彼ホテル』が終わったあとに取り組みましたが…

以下、感想。

[各アプリゲームのプレイ感想を述べています。内容や展開に触れていますので未プレイの方はご注意下さい]

 

 

 

 

 

 

 

第1弾…「アリスの精神裁判」

12+,2015/10/22(Android版レーティングとAndroid版リリース日)

アイコンこわいわー。

感想としては、対象年齢に自分が合っていなかった。学生の学校ものなので、主人公達にシンクロ出来ず、どうしてもダメな大人にイライラしてしまう。助けろよ!と。あの子もこの子も。

子供達が子供同士で頑張ってるのは辛い。

ゲームだし、このゲームの設定世界の話だとはわかっているけど、気になるポイントが違いすぎて楽しめず。

ただ、人物のビジュアルが最高にオシャレ。これはこの後のシリーズに言えるし、人気の高い理由ですね。エドワード・ゴーリーの絵本ネタが出てきたりして美大生臭がします。好きです。そういうこだわりや盛り込み。

全体にくすんだ様な色味が良い。残念なのは、人物が小さい…魅力的なのに小さい…

以上。

 

第2弾…「四ツ目神」

12+,2016/6/30

これは好きです。

もろにガチで宗教の神道を舞台にしているのでチャレンジングだな…が第一印象。プレイしてみると、すごくリサーチとか勉強しているのがわかります。

その世界の事を知らない主人公(=プレイヤー)に色々と教授してくれる役割の人の説明、絵・背景画像もしっかり表現していて、びっくりしたし、勉強になりました。

宗教上の理由から御参り出来ない立場の人にも、ゲームをプレイして異文化を知れるのはいいのでは。

ちょっと時代的に(現代が舞台なので)それ有り?と思うとこもありますが、閉鎖的で因習を守っている村設定なので、まぁそうしか無いよね…っていう。日本のゲームで日本文化の一面の因習を扱うのは定番と言えば定番。

良い所は、絵柄。大人の男性がちゃんとおじさんなのもいい。人物が前作よりも大きくなっているのが嬉しい(でもまだ小さい)。メインの3人と2人の子供が上半身だけなのに表情本当に豊かで可愛い。主人公が正面向きで、重要な2人が左向き・右向きで振り分けられているのも今後のシリーズに繋がる傾向で好きです。

あと、音楽 、メインテーマ良いですよね。

タイトル画も曼珠沙華(この華のこととても勉強になりました)と横向きの人物。綺麗です。

以上。

 

第3弾…「監獄少年」

16+,2017/4/3

時代設定を大胆に過去の日本。しかも、大正時代。で、舞台が特高

すごいすごい、よくこの企画通ったなと思います。レビューにもありましたが、この作品も相当しっかりリサーチして設定世界を描いています(言葉使い云々は有るみたいですが)。この作品も説明台詞が多くなる傾向。またまた勉強になります。

しかし!途中でギブアップしてしまいました。

この作品から“チケット制”毎朝5枚配布になったのですが、自分には1話(一コマ)のきり方?テンポが最初から合わなくて、初めの方は無料でかなり進められるのですが、なんか居心地が悪くて、のそのそ進めていました。

あまり、探索もないからでしょうか?どちらかと言うと“ノベル”の位置付けの比重が重いような…基本シリアスで(設定上そうしかならない)、推理で“ボケるとツッコまれる”くらいしか笑いポイントがないので、ユーモアの按配も自分には合わなかった。

わざとなんだと思いますが、主人公があまり自主的ではなく振り回される魅力的で無い人物像、その分周りのキャラクターが動きまくる。というかたちなので、主人公に思い入れが出来なかったのも一因かな。

あと、拷問がある設定は仕方がないと思いますが(歴史上もそうでしょうから)、立場上理不尽になんでも出来る、更に組織内でもそれがある。と言うのが二重苦で第3章後、第4章の始めで先に進めなくなりました。トラブルメーカーっぽい彼 登場でツラい。

それぞれのエンドの話、いいみたいなので知りたいのですが…

良いところはやはり絵柄。今回背景画はいまいち(昔の資料から起こしているからか?)ですが、色々なタイプの若人が書き分けられています。男の子がいっぱい!

前作の四つ目神をプレイしているとわかるのですが、タイプ的にほぼ同じ傾向の人物が2人出てきます。前作で物足りなかった分が此方に引継がれているようで、シリーズ作品の面白さと有り難さを感じます。

以上。

 

元々、全てのエンド展開を開かなくても大丈夫、というか悲しいエンドならば知らなくていいと思えるので、マルチエンドでも全ては開いていません。

映画だと1本道(!?)なので、ラストが辛くても頑張って観ますが、ゲームのマルチエンディングはゲームをより楽しませるためにトゥルーエンドとは別に用意していると思うので、ちょっとバッド感がキツイと思うことがあるのです。

耐性は人それぞれなので、楽しめた方がより楽しいと思うのですが…苦手なものは苦手という事です。

関係ないけど、お酒や食べられるものなんかも、大丈夫なものが多い方が良いなーと思う。

 

以下にSEECの脱出アドベンチャーノベルの説明として「監獄少年」のAndroid版の詳細の一部を引用します。

公式より「

◆◇+-- このような方にオススメ --+◇◆
・推理クイズ問題や謎解き、問題が好きな方
・クイズ・なぞなぞゲームなどの無料アプリが好きな方
・長編ミステリー物の脱出ゲームで楽しみたい方
・推理ゲームや脱出ゲーム・謎解きゲームが好きな方
・「乙女ゲーム・恋愛ゲーム」などの女性向けゲームが好きな方
・ノベルゲームや物語(ストーリー)付きの脱出ゲームが好きな方

◆◇+-- 概要・特徴 --+◇◆
・脱出ゲームに長編ストーリーを追加した新ジャンル『謎解きノベル×脱出ゲーム』
・物語を楽しみながら事件の謎を解く、ミステリー探索・推理ゲーム。」

まんまこのタイプでしたー(乙女・恋愛ゲーム好き以外)!

このシリーズ作品の何が良いかと言うと、

全体の長さ・ボリューム(四つ目神からの)
と、
新しい作品毎に、前作よりもより良くしようとしているのが伝わる
ところです。

 

ゲームの操作システム・デザインは操作性の良さ、ユーザーインターフェースのわかり易さが重要と思いますが、基本無料と謳っているこのゲーム。課金システムについては評価する側がどういう年齢・立場等でかわるので、人それぞれ違うと思います。

どんどんグレードアップしているこのシリーズ。それに合わせて課金システムも変化していて、特に『誰ソ彼ホテル』から『紡ロジック』への変化は素晴らしい。

確かに『誰ソ彼ホテル』は「早期クリア」設定等の課金をより促すシステムと、試行錯誤中っぽい手間暇かかるコイン集め(ミニゲーム)制度を持ってきて、不評・不満の意見を多数目にしました。それを受けて改善したのが『紡ロジック』の新しい課金システム(途中の一定の条件ハードル/おでかけポイントの導入)によく現れています。

(個人的には、好感度ハートのゲージが乙女ゲームみたいでうぅ〜んとは思うけど、まだそれの効果が出ていないのでなんとも)

1番嬉しい改善点が「読み返し機能」が章プレイの始めからコイン消費で解錠できる事。前作の章をクリア後解錠だと、プレイ途中で戻って確認が出来ない(またチケット必要)、長い章でプレイ時間を空けると内容を忘れてしまうし…新制度、本当にありがとうございます。

 

このブログ記事をなんの為に書いているかと言うと、(「紡ロジック」をプレイして欲しい!という訳ではなく→興味を持って頂けると嬉しいです。が、まだ全ての内容/ストーリーを知らないのでお勧め出来るゲームか未知です…)

2018年10月に誰ソ彼ホテルをプレイして、“ベノマ玲”さんのシナリオ/原作にハマって、次リリース作品の原作者も同じー!ということで、ものすごく新作『紡ロジック』のシナリオを嬉しみにしていたので、リリースから約1週間(現在、第4章途中…/今のところ無課金)でその都度思った事を、実況風にアップしてゆこうと思います。

なんでブログ?Twitterとか動画撮ってYouTubeじゃない?

かもしれませんが、ネタバレ満載になるのでTwitterは向かない。動画は興味無い。

そして、文字で表したい!からです

 

実況風

初めて、そういうの書くのでどうなる事やら、ヲタヲタした感じなのか?纏めれるのか?見苦しくないのか?

一種のチャレンジです。

シナリオの素晴らしさ、キャラクターデザイン、背景、音楽、声優等
すでに楽しんでいるので、全くの個人的感想を述べてゆきたいです。

 

 

 

(『誰ソ彼ホテル』については膨大にメモしまくって、下書きに乱雑なまま入っています。因みに、人生初課金のゲームが誰ソ彼ホテルで、自分はアプリゲームは全くの無課金勢と思っていましたが、第6章で我慢できずに合計35話数購入し、まさかの特別ストーリーも購入しました。いやー人生何が待ってるかわかりませんね。ものすごく小さな事柄ですが)

 

ーーーーーーーーーーーーーーー

[おまけ]

SEEC inc.   ESC-APE

等で検索すると、(詳しくはわからないのですが系列や関係している)アプリゲームの情報が出てきます。

絵柄が同じ傾向、ダークファンタジー系のものがミニゲーム、サスペンスホラー脱出ゲームとあったのでそれの感想をそれぞれ。

 

赤ずきん〜暗闇の森からの脱出〜』

ミニゲーム

元々ダークファンタジー赤ずきんが更にアレンジされている。短いゲームですがそのわりに凝っていてまとまっている。

 

『脱出の国のアリス』

程よいミニゲーム

アリスは永遠にイメージの宝庫

小ぶりながら、細かく作り込まれた作品です!音楽もいいです。美味しそうです!時間に追われます!

 

『アリスと闇の女王』

16+  脱出ゲーム+サスペンスホラー

めちゃくちゃ絵柄が可愛いです。主人公の衣裳をポイントで色々と手に入れることが出来ます。髪型も変えれます。

どのキャラクターもデザインが高度にされています。

でも、ノベル部分がめちゃくちゃこわい。マッマホラー。それが動くから。音もこわい。

でも、レストランのミニゲームとか単独で遊べてレベル高いです。ただ、ノベル読み終わったらそれまで。ノベル部分は中の中っぽい。アリスのキャラクターが勿体ないかな。口は減らないのに、結局は襲われる役割…

 

『無限牢獄』ESC-APE by SEEC

12+,2016/11/09

サックり終わる     男子向け?

詳細情報から、イメージ画像から手を出すのを躊躇していたのですが、プレイしてみるとあっさり系。ちょっと最後はほんわか。これもキャラクタービジュアルが可愛いです。意外と後半部分にムービーが出てきて感動した。

 

ネバーランドシンドローム

乙女ゲーム×童話ゲーム ESC-APE by SEEC

12+,2017/7/27

やはり乙女ゲームは無理でしたー。すぐギブアップ(対象年齢じゃないから合わなくて正解ではある)。

絵柄は相変わらず可愛い。

乙女ゲームやデートゲームの何が合わないか、無理なのか…って言ったら、用意された選択肢に自分が思う答えが無いことだったり、選んだ答えでゲーム的にゲージが左右される。

つまり、ベストアンサーを(制作者/チームが設定した答えを)選ぶゲームになってしまって、全然愉しめ無い。人によりますよ勿論。
相手の思う壷というか、懐を探るというか、それの連続が辛い。

まだ成長過程、伸びしろがガンガンにある人達向け。そういう場合、自分の脳、気持ち、知っていることの範囲を超えた選択肢は新鮮だと思うし、それによってgood,better,bestを垣間見るのは(何処ぞの誰かが設定したものだとしても)良い機会と思われる。

ーーーーーーーーーーーーーーー

『私だけいれば問題ないよね(わたもん)』

メッセージアプリ風ゲーム/男子向けゲーム?
(これもゲームの対象年齢・相手じゃないな)

全然興味無い方面ですが、誰ソ彼ホテル(ガッチリ攻略サイトを見てプレイ)の攻略サイトに似た展開の話があると書いてあったのでプレイ。

SNS風メッセージのやり取り、延々と選択肢を選択して進める。自分だったら判断で答えてどの子とも親密度が50%台だったので、平均はやはりこの辺り?80%以上行かないと、用意された物語みれず。そこでやめました。80%は不自然に高ポイントを狙っていかないと無理なのでは?

でも、色々と勉強にはなった。こういうタイプのゲームに、メンヘラ女の子の持っていき方、課金すると進めるもう1人のキャラクターが脇に控えているんですが、このキャラ設定がすごい。これは一緒に働きたく無い。(課金せず)アホ毛とか八重歯とか眉毛とか個性の表し方すごい。

 

 

 

追記:

マイナー書換、上書き、追記 が発生します。

ご了承くださいませ。