アレヤコレヤの散文 あたまのなかの引き出し ソレトこれがつながる

『紡ロジック』3ゆっくりまったり その1

イチゴには足が生えている。 【紡ロジック】 [Android]http://bit.ly/2Q5qylC [iOS]https://apple.co/2DwBEJC
f:id:yumoatan:20181213180026j:image

『紡ロジック』のAndroid版レーティングは、16+
【16歳以上
現実的な暴力、性行為、乱暴な言葉遣い、タバコや麻薬の使用、犯罪活動に関する表現が許可されています。】
というゲームの感想になります。

以下、ネタバレを含みます!まだ未プレイの方はご注意を!よろしくお願いしますf:id:yumoatan:20181217172750j:image

 

[第4章迄、終わりました]

まず、これって…
ワトソンが主人公
ホームズがサブ主人公
の物語じゃない!?

行動力と若さと体力 愛嬌があって
だからこそ、無鉄砲で  向こう見ず

知的で落ち着いていて、冷静な判断
だけど生活能力ゼロ 無愛想……

前作、音子ちゃん+大外さんがライバル関係だったから 戦ってたもんな 精神的にも肉体的にも

 

確信した『紡ロジック』は、
公式より↓
「・謎解き(脱出ゲーム)に長編ストーリーを追加した新ジャンル『脱出アドベンチャーノベル』
(脱出アドベンチャーノベルとは、物語に重点を置いた長編の謎解きゲームです)
・シナリオのボリュームは脱出ゲームの数十倍!」
じゃなくて、最早
「推理ミステリ小説」に“探索・推理ワーク”を盛り込んだ作品

 

【第3章〜】
4月終わりからGW開け5月〜

すごく強く感じるけど、紡が
蒼星や友達2人(サリー&斗真)と会話している部分は、読んで&聞いていて楽しい。紡が気を遣わないでリラックスして会話してるから、そういう雰囲気伝わる。
相手の蒼星はまんま素だし、友人達は(不得手が故に)言葉を選びながらの斗真と(母語で話す時も相手に分かりやすいように話すスピード・言葉選んでると思う)、成りたい・在りたい自分像(王子に見つけてもらうため)の姿とで、のびのびそのままの自分って訳では無い。

 

第3章で印象的&ビックリしたのは、

「思い込み」にガッツり揺さぶりをかけてきたところ。

約3点「思い込み」
国際経済学部という設定で、
外国人 外国語 国籍→見た目で判断出来ない。何語が話せ、何処の国に属しているか、ルーツは?

斗真のキャラクター沢山要素盛り込み!
彼だけで3つ!全部表現!

1.ルーツと見た目は日本人→オーストラリア国籍の留学生。母語が英語。(中国語もできる)
アニメ絵の顔付とあの体格で日本人って言うところにもビックリだけど…逆に宰みたいなビジュアルで斗真の設定でも「思い込み」発動する。
更に、紡が英語リスニングできるって言うね(しかも、イギリスアクセントとオーストラリアアクセントに特化)。

2.日系の遺伝子上の親とは別の今の両親が(日系の母は同じ)→母と母の同性パートナー。
片方の母が中国系が故に英語家庭。
わざわざ親の事言う必要も無いけど、仲良くなれそうで、やっと話せる相手が気負いなく「家の中では日本語で話さないの?」聞いてきたら説明するわな。英語で話せるし、話が早い紡だからいいけど。井の中の蛙みたいな人が相手だとランチに行って疲れちゃうし、下手すると受け入れられないからってお門違いな相手に怒りを向けたりするからな。そりゃ大変だよね。セクシャリティについての事。

3.体格と態度と好むファッションが近寄りがたい→体格は恵まれてるとして、日本語がまだ不得手だから無愛想な態度、ファッション・身なりは好み。
各キャラクター好む恰好スタイルがある。このゲーム内でも、
黒ずくめ、ロリータ、アウトサイダー、ヤンキー、ギャル、フェミニン、豹柄…

身なり(外見)と中身はどういう人か…

外国からの留学生+親が同棲カップル+話しかけにくい
おいおい、凄い盛り込みっぷり斗真
斗真とサリーの
「アンタ、顔を見ただけで何人かわかるのか?」からのやり取りは、2人の性格がよく出てる。好きだな。素直なサリーに皮肉言った手前バツが悪そうにする斗真。

英語で話す斗真の台詞がまさかの英文!?と思ったら→日本語の斜体表現でしたね〜

昔の朝ドラで(確か『オードリー』)英語で話す役に字幕スーパーでた時並に新鮮!
ある都市と別の地方都市とか、異なる文化盛り込むのも昨今の朝ドラっぽい。

 

「思い込み」話す前の見た目だけからの情報
「意外性」←誰かの主観から見ての思い込みに対しての別の面を知って “意外!”

キャラが多い分、色々な設定が置ける
見てくれと中身の違い
・最初っから、紅陽と蒼星  成りすまし
・才女なのにPC苦手 何でもスマホっ子 琴子
・ヤンキーなのにクローネンバーグ 紡
・美人でも怖そう→話してみないとわからん 大門先輩
・全身ロリータなのに前には短髪でボルダリングしてた サリー
・女子みたいな見た目で女の子斡旋してた 旬
○宰はまんま マザコンキャラだな、しかもケチくさい。自分さえ良ければいい。狡い。

 

[追記 :
第3章と第4章を一括りで記事1枚の予定で、4章クリアの公式つぶやきに記入していましたが、長ーい文字数になってしまった。ので、その1+その2の2枚に分割します。]

まだまだ、3章続きます。感じることが多すぎてまとめるのが大変。寄り道な感じの内容は別の記事でアップします。

 

《ランチwithサリー編》
節くれだったお手手がフューチャー
サリーの白いヒラヒラ服とピンク髪はいいんだけど、髪型の全体像のボリュームが甲羅みたいなんだよね…
お顔可愛いし、怒った表情可愛いし(ルリさん並み)
、なので耳の脇の肩くらいの長さの髪型で見るようにしていると、表情が掴める。
いいよね〜サリー。知れば知るほどカッコいい!
そうか〜、痩せの大食いかー。
ロリータ(決してゴスロリでは無い)ファッションの理由がピンチを助けてくれる王子さまを探してるからお姫様ファッションなのね。サリーロジック。
最高なのは、紡との会話。
サリーは王子さま探しが仕事みたいなもんだから、本気。変に納得。
冷静に考えれば、好きな人に選んでもらえるように、プロポーズされるために→「自分磨き」と一緒。

ええっ、サリー危機に見舞われるの!?ドキドキしちゃう

《斗真コースかサリーコース》
会話の内容が随分と違う(どっち選ぶ?→話の流れとしては斗真選ぶ方が自然と思う)。どちらも意気投合するコースだけど、紡は聞き上手!だな。
斗真選ぶと……
誰ソ彼ホテルクラスタは喜ぶよね!声出ましたもん!
懐かしい、あの光景と音楽。パラレルワールドみたいだし、もしかしたらクロスオーバー可能な世界。

 

お題目の“カンニング”自体はあんま面白くない。
実行と隠蔽が(試験監督事務員が斗真の答案用紙丸写しは不自然だし、そのカンニングペーパーが学生証で隠しきれる?それを見て記入する宰の行為もあやしいし)無理っぽい。

宰が腹立つ。斗真に迷惑をかけたは勿論、同学部新入の全員を欺いたのと同じでしょ。1番駄目なのは大学サイド。2人の答案用紙が全く同じなのに、事前調査もしないで、皆の前で憶測に基づいて発表は紡と同じ気持ち「全然良くない」。後々、皆に斗真はシロって自然に判明しても、逆にあんなお馬鹿な事する大学なんだって思うよ。正式な謝罪をしないと。
斗真の為でもあるけど、他の学生に不信感持たれるよ。
↑ってマジであった場合を考えてしまう。

 

事件(カンニング)よりも“友達できる”ノベル部分の方が大きい
紡の表情も知的好奇心をくすぐられて悪い顔とか、ポーズだけのめんごとか楽しい!

旬の部分
章の内、頭とお尻に振り分けて置く。意味深演出
暴力(ライトな)シーンが秀逸、勉強になる。
『誰ソ彼ホテル』でも、暴力がめちゃくちゃ丁寧に描かれているのが印象的。
使ってるのは右手なのか左手なのか、振るった暴力がどう効いているのかも細かく描写。
結構な文量その部分に割いている。

+++++++++
[気になる ポイント・ワード・モチーフ]

(再度)好奇心
友達・親友
深く狭い・広く浅い
ホワイトカラー(トキオそんな言葉知ってるのか)
カタギ(←の反対語はーーヤクザ でいいのか?)
百貨店(デパートって言うよりもコッチが好き)
内々で処理
クリーン(英語だと薬物依存症から抜け出した状態)
貸し借り

[キャラクターを際立たせる発言]
蚊帳の外
見目麗しい
戯れ言
毅然
他人様
剣呑
+++++++++

登場人物が多くなるのは仕方がない、けれどもメインキャラの登場時間が少なくなるのちょい寂しい