アレヤコレヤの散文 あたまのなかの引き出し ソレトこれがつながる

『紡ロジック』8 〜フルフル 〜

 

打ち震えています………。

 

ランポだと思っていたら 、アクタガワでした。
みたいな、
[ 脱出アドベンチャーノベル ]って謳っているのに、もはや「何コレ!?」


このシナリオでゴーサイン出して、制作チームで作り上げたのすごいです。

 


正直、前作のノリで来ると思っていました。シナリオライターは前作と同じく ベノマ玲さん、続投。

くぅー、予想を裏切られましたよ!
まさかこんなにガッツリノベル部分で勝負してくると全く全く想像していませんでしたから!
こちらの「思い込み」がブーメランしてきました。

 

 

 

※※以下、「つむろじ」ネタバレ有り※※
※※まだ未プレイの方はご注意を!※※※

推理部分で推理パート出さずにじっくり推理させ、
そこ探索ポイント?で探索させ、
なにその三択!この先フォーク状に分岐してたじゃん!?しかも、全部ENDの怪しいヤツ…
で、選ばせてからの〜〜

ええっ!違うんかい!(ナンツーひっかけ!!)

という、弄ばれたけども嫌じゃない。洒落た構成。
今までの、脱出ゲーム、脱出アドベンチャーノベルのシリーズを逆手に取った『紡ロジック』
恐るべし…

何故か有る、ダイヤル式錠の引出しとか、意味深な模様とか、マジックハンドの柄とか…。そいうの、組み合せると思っていたんですよ!最初は。嫌いじゃないしそういうの(動画広告観ないと解けないけど)!


新しい境地に 前作のヒット後 直ぐに立つとは…
本当に本当に脱帽です。

 


第8章のプレタイトルから、気合いがちがう…
とは感じましたが、
1冊の短編小説を読み終わった読後感(←正確にはゲーム感?)。

そして、超個人的に感じるデジャブ感。

あるステージは全部スクショ撮る勢いでした。
タップからタップまでの間がこんなにかかるとは…
一行一行、毎台詞が響きました。

横画面ならではの、ひと文量が長く出来、改行も少ないのが雰囲気を壊さないし、何よりも沢山のほぼボイス付き。これは本当に贅沢な時間でした。

紡が師匠から言われた最後の一言で夢がみえかけ、震える手でスマホを握りしめ、もどかしく電話をかけている時に、此方も一緒に物語に打ち震えてフルフルしていました。


更に更に、フルフルする要因が出てくるし…
またもや、膝から崩れ落ちそうな心持ち。
どうしていいのかわからないゲーム初心者…

という事で、どうやら特別ストーリーを購入出来るのは新年になりそうです。嬉しいやらなんとやら。


第7章が終わって、もう残り少ないから物語の終わりを感じそれだけで、淋しく
第8章にてこの気持ち寂寥感… ちょっと持ち直した


最初、「紡ロジック」題名がハテナ?
何を表しているのかさっぱりわからず

紡が名前 言葉を紡ぐ子
ロジック 思考 すること/理論 を立てる
ゲームを進めるとバッチリなネーミングセンス☆

 

言葉を大切に扱うところ
相手にそれを使って伝えるところ

本当に大好きな世界でした!

 


とても楽しかったです。
ありがとうございました!

 

 

 


f:id:yumoatan:20181230185512j:image

++++++++++++++++++

冗長で陳腐な処女作。 【紡ロジック】 [Android]http://bit.ly/2Q5qylC [iOS]https://apple.co/2DwBEJC
f:id:yumoatan:20181229192456j:image

二人をみているといつも『悪童日記』思い出す

 

キャラクターの名前覚えて、性格知ると味わい深い

↓この動画はカッコイイーー


紡ロジック【脱出アドベンチャーノベル】|アナザーOPムービー - YouTube

『紡ロジック』のAndroid版レーティングは、16+【16歳以上  現実的な暴力、性行為、乱暴な言葉遣い、タバコや麻薬の使用、犯罪活動に関する表現が許可されています。】
というゲームになります。

 

 

(取り敢えず、現状 狐につままれています

8-25 トゥルーエンドだと思ってたよ
トゥルールートってかいてあるじゃん)