アレヤコレヤの散文 あたまのなかの引き出し ソレトこれがつながる

8章「つむろじ」〜感想のあとがき〜

大人の本気の悪ふざけ!?
f:id:yumoatan:20181230165827j:image
『紡ロジック』のAndroid版レーティングは、16+
【16歳以上
現実的な暴力、性行為、乱暴な言葉遣い、タバコや麻薬の使用、犯罪活動に関する表現が許可されています。】
というゲームの感想になります。

以下、ネタバレを含みます!
まだ未プレイの方はご注意を!
よろしくお願いします
f:id:yumoatan:20181230165856j:image

 


【第8章】が終わりそうで“つむろじ”最後のブログ記事を記入しようと準備していたのですが…

双子一件落着の後、エンドロール後でニョキニョキ枝分かれして伸びた部分!ジュエルもう残しても余るから読み進めてしまえー。と綺麗に使い切って、夏休み皆んなとそれぞれ遊べる“5大ボーナスステージ”を終えて(どれも最高でした!)、やっと終わりーって、最後の最後に恋文の返事まだ貰っていない琴子ちゃんを選ぶ。

 

 

えつ!?

 

『誰ソ彼ホテル』のトゥルーエンド後スッタフロール最後の2頭身音子ちゃんのお辞儀後の「・・・?」のセルフパロディ…!? 終わ…ら…な…

第1章の最終ステージの危機的状況ムービーも解決していないし、プレタイトルでの「この文章を誰にも見せるつもりはない。」って、双子の一件とは別(?)と思いましたけども…
第8章 双子に感動したからいいやーって

 

上下巻なの、コレ?

 

どうしてこうなった?ボリュームたっぷり
またもや、フルフル…打ち震えています…

 

寒波到来の年末にスマホの中では、

“ ザザーッ… ザザーッ……
青空と白い入道雲の下 不思議なメンツの後ろ姿…
(紫外線吸収率の良さそうな人が居るし)
ザザーッ…… ”

斗真の出身地南半球の季節

 


はい、戸惑っています。
一方では「うははははー」と調子こいた時の音子ちゃんバリに笑っていますけどもー

SEECさん…………!


わーい!楽しみが増えた 伸びたー!喜びー!
やったー!ちまちま進めますー。

 



※以下の画像は株式会社SEECの「紡ロジック」の画像を利用しています。該当画像の転載・配布等は禁止しております。


f:id:yumoatan:20181231005826j:image
紡 将来を色々好き勝手言ってごめん。恋焦がれるようなモノが見つかって良かったです!

f:id:yumoatan:20181231005343j:image
蒼星ごめんなさい。不安定くんじゃ無かった…

f:id:yumoatan:20181231005406j:image
紅陽 おつかれ様 とらわれから解き放たれたかな

 

 

《どうしても言いたい第8章の細々》

細々部分やっぱり言いたいのです。
一個前の記事は感動のみに特化して書いたので載せられず。4点だけ…

*第8章プレタイトル
これは“暴力の連鎖”か?いいや“物語の連鎖” でもうノックアウト
「誰ソ彼ホテル」で一度出した答えに、新たに乗っけてくる。しかも新しい答えを携えて。

*推理・探索部分を今までと違う風に使って、深々と真摯に双子と紡(プレイヤー)を向き合わせる。

*「つむろじ」には、“伏線と回収”とは言わないくらいのうーっすらとアッチとコレが合うよねというのも多いですね。トランプゲームの神経衰弱みたいな感じ。今出てきたこのジャックがあそこのアレと対をなしていた…的な。
Q.紡のお姫様は?三択の答えのひとつ→A.「この子には俺がついていないといけないって思わせる人は怖いって、映画を観て学んだね!」
映画あるあるで笑っていたのですが、
第8章の紅陽!はこれの子だったー。と思い至りました。依存タイプ。まさかまさかの対でした。
(解釈は人それぞれ…です)

*サリーのサリーらしいオシャレがロリータ・ファッション。そのサリーがコスプレとして“ゴスロリ”を初体験するという!こんがらがるけど、普通にコスプレする。カンニングの章でまだ誰とも友達になっていない状態時、宰がサリーの事“コスプレレディ”と呼ぶんだよね(斗真が窘める)、わかっていない人と理解している人。

ホントすごいです、こういうの


《自分に課したチャレンジの結果》
→とうに無理でした。実況風な語り口で書いてみようと思いましたが、メモに記入して読み返した時点でアウト。
箇条書きと、口語だらけで読みにくい。見苦しい。

結局、誤字脱字 意味が曖昧なモノ調べ 文体 構成 句読点 etc.チェック 必要です。(当たり前ですね。でも、追い付いていません直す部分)
最低ラインが自分自身で読み直せるか。
タイプ的にも、とって出しじゃなくて、咀嚼・熟成型なのは自覚しているので、一晩置けば置くほど見えてくるものがありますね。それだけの強度を持った作品です。一晩置いたカレーは美味しいですし。

読みやすいか、伝わっているか、言いたいこと表せているか?はずっと課題です。
(つむろじ全クリア後、全体を知った上での感想を書くかも知れません。物語の終わりを知らないのでまだわかりません。
記事をアップする場合は通常運転のスピードになると思います←遅い。後、寄り道の映画関係の記事と『誰ソ彼ホテル』の記事もゆるりとアップするやも知れません。曖昧ですみません)

 


とはいえ本当に『紡ロジック』という作品が魅力的すぎるので、あまり間を空けずに約1章ごとに記事を描けました。書くというよりも“描く/えがく”イメージでした。

舞台や演劇と似ていて、ブワーッと想像が広がるんですよね、頭の中で!心もザワつくし。

台詞・キャラクター・声・演出、これもひとつの総合芸術だなと知る事ができました。

映画は第7の芸術ですが、アプリゲームは何番目でしょうか?テレビゲームと一緒にされるのかな?
でも、スマホというほぼウエアラブルな端末と、電源と通信さえあればハードとソフトが要らない。それでいてこのクオリティにはただただ驚きです。
(殆どアプリゲームをしないので表現・技術すべて新鮮に受け取れる。というアドバンテージあります)

 

 


[おまけ]
夏休み皆んなとそれぞれ遊べる“5大ボーナスステージ”
ってば、もはや“mini特別ストーリー”ですよ!
1.スワンボートで争いそう誰が1人手漕ぎボートか
2.友情努力勝利 キャラクターなのかな紡 ええやつ
3.サークル室での会話がハードル上げてて笑える
4.斗真もカワイイ!奈良の柿の葉寿司美味しいよ!
5.☆ゴス☆ありがとうございます☆うへへへへへ!
の順番でジュエル使い倒しましたよ。

 


f:id:yumoatan:20181231013020j:image
焼肉トング御奉行様の琴子ちゃんがすき

f:id:yumoatan:20181231013034j:image
曲者 旬

f:id:yumoatan:20181231013051j:image
大門先輩(蒼星紅陽も)美形の無自覚さにハラハラ

f:id:yumoatan:20181231013107j:image
名古屋のハドスン夫人 大家の孫さん

地元奈良の友達と名瞭ジャーニー4年生は割愛

あと一人、優くんはまだ出ない

 

 

 

皆さま、良いお年を!