アレヤコレヤの散文 あたまのなかの引き出し ソレトこれがつながる

[ウユリフ〜Rx]06 ⑤フェニックス キュルキュル

 

『ウーユリーフの処方箋』の感想文です。

f:id:yumoatan:20200425012025j:image
※※『ウーユリーフの処方箋』ネタバレ有り※※
 ※※まだ未プレイの方はご注意を!※※
(Android版レーティングは、16+)

 

=========
以下、当コンテンツは株式会社SEECの『ウーユリーフの処方箋』の画像を利用しています。該当画像の転載・配布等は禁止しております。
=========

 

 

《1日5枚のチケットで約5話毎に書くラスト》

 

STAGE06 - (20) 21 22 23 24

この場にいないけどいる。ンアウフ
f:id:yumoatan:20200427191920j:image
[STAGEからちょっとだけ浮いている]

 

【感想】
不死鳥のように何度でも姿を現し、誠実で実直な想いを語ってくれるイコモツ。イケてるが過ぎるイケロボ♡ファンで良かった!
(その分か今回全体的に黒キリオの影薄い)


ヒロインとイコモツがクリエイター(創造主)として、乙女ゲームキャラクターと乙女ゲーム作品それぞれの、コレカラの目指すもの(目標)を考えて語る。
ヒロインとイコモツが同次元にいるように見えるけれど、ヒロインは“EXIST”の自虐的乙女ゲームの主人公で、イコモツはそのヒロインが迷い込んだい異次元で乙女ゲームをつくっているクリエイター。
その2人が“作られる側/作る側”として、次元を超えて同じような目標(ユーザー&キャラクターに対してストレスフリー)を掲げる。
ヒロインの発言は、彼女のコレカラ目指す在り方であると同時に、イコモツがコレカラ作る乙女ゲーム内の主人公(ヒロイン)の在り方でもある。
次元の境がなくなって、どっちが上位下位次元か関係なくなっていく。

イコモツ&キリオのウーユリーフタウンの次元から見あげれば、ひとつ上の次元世界からヒロインが来ていて、そのまたもうひとつ上の次元世界からマツリが来ている。
だけれども、いっしょの世界線に存在している。(更にそのまた上にいるユーザーが私!)


SEECの脱アノ作品に毎回思いますが、本当にチャレンジングだな〜と今回も思わされました。いわゆる業界モノ/内輪ネタなのに、ちゃんとプレイしているプレイヤー(ユーザー)も巻き込んで、色々と考えさせらる“種”をくれる。
『ウーユリーフの処方箋』のプレイヤーからゲームクリエイターが出てくると思うとはちゃめちゃに楽しみです♪

 


3人ともイッキに救うのかと予想していたら、ひとまずヒロインを救済(の手助け)。

マツリの成長率が半端ない。ンアウフの言葉「心があるヨ」が、自然とマツリの身についている。
マツリは良い意味で影響受けやすいんだろう。最初にカナタを助けた時も、ラスレジェ友喜の影響。いくらゲームの非現実内だからといっても、選んで行動して結果を出す男。

でもヒロインを手助けしても、未だマツリ自分自身を救済は出来ていないのだけどもね。過去の出来事に囚われ続けているらしい…

晴れ晴れとしたヒロインの言う、
「私達がヒロインです」「彼女は私達の一側面」=応援してくれる人達??ファン??という事?

今度は〔応援される方〕の事、〔ファンレターを貰う方〕の事をどう描いているのか・・興味深いような・・・怖いような・・・

 


キリオの今の気持ちはすっかりわからん。目の前で繰り広げられる、ヒロインのあれこれの変化を目撃してどう思ったんだろう?

抱えている問題がヒロインと重なる部分、
〔設定である〕
〔自由に自分らしくあれない〕
とマツリと重なる部分、
〔ここから抜け出したい〕
〔ひとりぼっちは嫌〕

「そんな……また?」という気になる台詞もあるし、
ラスレジェの友喜の言う「20年」とか、イコモツの「古参」とか、キリオは一体何者??STAGE06 クリアした後からの[スタート画面]見るたんびに不憫でならない。

舞台の奈落に落ちていったキリオ。すってんころりん、アリスみたいに落てった。今度はキリオがどこかの異世界に迷い込んで、脱出を試みていたら〔主人公〕になっているのだけど、どこの世界に行っちゃったんだろう?

 

 

【最後の考察】
どうやってこの状況からキリオもみんなも、マツリをも救う方法・やり方があるんだろう?
ミト/カナタ/ノゾミ(距離近い順)の住所知ってるから(覚えてるよね!!)、そこから攻めるか。EXISTに行くか。
“傾向と対策”を全方向にねっていって欲しい、マッツンファイ🚩

ミトは高校生との事だけど、通信制とかで働いていそう。優秀なエンジニアとかプログラマーとかね。

 


【なんかずーっと凄かった STAGE06】
2Dなのに!? もとい、2Dならではのスゴい演出(画の表現・BGMなど)だらけ!映画みたいに感じました。
なのに、最後ドリフとか昭和っぽかった。

 

 

 

 

STAGE06 - 02 03

《プレイ記録》
【個人的にオススメしません〜⚠】
STAGE06 のメインルートをクリアして、06-01からの分岐ルート(06-02/03)をまだ読んでいない方へ
チケットが余ってるなどで、END回収(分岐回収)をしてしまうのお勧めしません。「STAGE07 終わってから読んだ方がよかったかな〜」と思っています。

 

 

あくまでも好みですが、「あれ」はメインストーリー上で見てみたかったなぁ…と思いました(STAGE07 で見られるか不明ですが…)。

 

 

 

 

P.S. イコモツが作ったorコレカラ作る乙女ゲームをプレイしてみたい(希望)。きっと優しいゲームだろうなー☆